工事内容

ここでは工事内容を一覧でご紹介します。

屋根葺き変え 葺き替えは既存の屋根材をはがし、新しい屋根材に替える工法を言います。葺くとは、屋根をおおうことですので、名前の通りの工法となっています。下地である野地板や防水シートも取り換えるのが一般的です。

屋根の塗装では十分な改修ができないときに、葺き替えをする必要があります。瓦屋根の場合は、塗装は関与しませんので、屋根のリフォーム、改修をするとなると葺き替えを行うことになります。

経年劣化によって、改修が必要になった屋根に対して行う場合が多いですが、近年では耐震対策として、瓦屋根から軽い屋根材への葺き替えを行うケースも増えています。
外壁塗装 外壁塗装のタイミング 外壁には様々な素材があります。「モルタル」、「サイディング」、「リシン」、「スタッコ」等です。 築10年くらいが塗り替えの目安と言われるのは、塗料の耐久年数(防水や外壁保護効果)が平均的には10年~15年だからです。 その時期を過ぎると、外壁の表面だけではなく内部にまで影響が及ぶ可能性があります。 例えば、漏水等です。壁のひび割れから雨水が浸入し雨漏れが発生したり、内装クロスが剥がれてきたりします。 そうなる前に処置をしておくことで、家を長持ちさせることができるのです。
キッチンリフォーム キッチンをリフォームする際には、I型キッチンをL型キッチンに変えたり、壁付けキッチンから対面式キッチンに位置変更したりというプランを検討する方も多いでしょう。

ただ一般的にキッチンのリフォーム費用は、同じ位置に同じ型の製品を交換するときが最も安価で、キッチンの位置を変える場合に最も高額になります。

基本的に、キッチンを移動する場合には、水道やガス・電気の配管などの工事を伴うためです。
床下改善工事 床や基礎の補修工事は、家に長く住んでいく上では必須のメンテナンスとなります。建物を支える部分となりますので、ここの強度が不十分な場合、柱や壁がゆがむ原因にもなり、家が長持ちしません。

普段は目につかない箇所なので、どのような状態になっているのかわからず、床がへこむ・ギシギシいうなどの症状が現れて、心配されている方も多いのではないでしょうか?

老朽化した戸建て住宅では、床の湿気やシロアリが原因で建物が痛んでいることが多くあります。耐震診断を受けて、状態を確認することをおすすめします。
御風呂改修工事 お風呂は一日の汚れを落とし、癒やしとリフレッシュを得る大事な空間です。そのお風呂をリフォームするとなれば、気になるのは「どのぐらいの期間、自宅のお風呂が使えなくなるのか?」ということではないでしょうか。

それでも分からない。

電話で話を聞きたい、一度見積もりだけして欲しい。内容見ても分からないので、実際にどれくらい費用が掛かるのかなど。どんな事でもご相談下さい!!
保険適用が利いたり、困っている不安を取り除けるよう、親身になってお話をお聞きします!

ご依頼の流れ

1. お問い合わせ・ご相談

2. 御訪問・御見積り・日程の確認

3. 御入金

4.施工開始

【ご依頼内容により若干スケジュールが異なることがございます】

会社概要

商号 株式会社 三共建装
所在地 東京都世田谷区大原1-54-7
サンリードⅡ2F
設立 令和3年6月15日設立
資本金 3,000,000円
代表取締役 筒井成吉
電話番号 03-5761-6555

powered by crayon(クレヨン)